レンタルサーバー

CPIレンタルサーバー

CPIレンタルサーバー
  • 高速で安定性の高い、法人向けレンタルサーバー
  • 2020年7月のアップデートでディスク容量大幅アップ
  • 10日間の無料お試し期間あり

口コミをみる公式サイトへ

CPIレンタルサーバーは、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが提供している、法人利用率90%の法人向け共用レンタルサーバーです。

2020年7月にサービスのアップデートが行われ、ディスク容量やメールアカウント作成数が大幅にアップし、さらに使いやすくなりました。

サーバー借り隊
サーバー借り隊
法人向けということは、個人だと使えないのかな・・・?
レンタマン
レンタマン
そんなことはないぞ!CPIレンタルサーバーは法人でも個人でも契約できるし、企業サイトだけでなく、アクセスの多い個人サイトにも最適だ!

CPIレンタルサーバーとは?

CPIレンタルサーバーは、法人ユーザーだけでなく、アクセスの多いサイトを運営している個人ユーザーにも人気のレンタルサーバーです。

サポートが手厚く、スペックの高い安定したサーバーをレンタルできるため、企業サイトやECサイトはもちろん、メディアによく取り上げられるブログやビジネスサイトにもおすすめのレンタルサーバーです。

サーバー借り隊
サーバー借り隊
法人向けということは、やはりサーバーが軽いのかな?
レンタマン
レンタマン
うむ。共用サーバーながら安定性も高いし、EC-CUBEやWordPressなどのシステムも快適に動くぞ。さらに今年の7月からは、ディスク容量とメールアカウント作成数が大幅にアップしたのだ!
CPIレンタルサーバーhttps://www.cpi.ad.jp/

CPIレンタルサーバーでは2020年7月9日より、ディスク容量が100GBから300GBへアップ、そしてメールアカウント作成数も200アカウント以上作成可能になりました。

サーバー借り隊
サーバー借り隊
おお、ディスク容量が一気に3倍になったのか!メールアカウント作成数は200以上とあるが、具体的にどれくらい作れるのかな?
レンタマン
レンタマン
今までは200アカウントという制限があったが、今後はメールディスク容量の上限まで作成できる。CPI側では、1,000アカウント作成まで確認済みだそうだ。
サーバー借り隊
サーバー借り隊
なるほど。1,000アカウントまでOKということは、たいていの企業ならメンバーや社員全員分のアカウントを作成できるな!

また、CPIレンタルサーバーでは共用サーバーの他にも、さらに高速で安定したサーバで運用したい方向けの「CPI専用サーバー」、共用サーバーと専用サーバーのいいとこ取りをした「CPIマネージド専用サーバー」も用意されています。

サーバー借り隊
サーバー借り隊
うーん、同じCPIでも、一番安いレンタルサーバーで良いのか、専用サーバーにすべきなのか、迷うところだな・・・
レンタマン
レンタマン
それでは、CPIレンタルサーバーのメリットとデメリットから説明していこう!

CPIレンタルサーバーのメリット

  • アクセスが集中しても安定したサーバー
  • サーバー1台のドメイン数制限により、遅延を回避
  • ウェブ、メール、コンパネのサーバ分離で負荷を軽減

アクセスが集中しても安定したサーバー

CPIレンタルサーバーhttps://www.cpi.ad.jp/

CPIレンタルサーバーでは、大規模な企業サイトやビジネスサイトへのアクセスにも耐えうるよう、高速さと安定性を兼ね備えたサーバーが構築されています。

2019年9月からはサーバープランが新しくなり、従来のACE01プランから、SV-Basicプランへ刷新。SV-Basicプランのリリースに伴い、WordPressの処理リクエスト数は13%、静的コンテンツは84%もアップしています。

レンタマン
レンタマン
CPIレンタルサーバーはもともとシステムが快適に動くよう設計されているが、新しいSV-Basicプランでは画像などの静的ファイルがさらに安定して表示できるようになったぞ。
サーバー借り隊
サーバー借り隊
なるほど。商品画像を大量に表示するECサイトや、動画の多いメディアなんかでも安心だな!

サーバー1台のドメイン数制限により、遅延を回避

CPIレンタルサーバーhttps://www.cpi.ad.jp/

CPIレンタルサーバーは、一般的な共用サーバーとは異なり、ドメイン毎にユーザー領域が確保されています。

サーバー1台に対し、ユーザーやドメインが制限なく詰め込まれてしまうということがないため、特定のユーザーによるサーバー全体の遅延やトラブルが発生しにくく、安定したサイト運用が行えます。

サーバー借り隊
サーバー借り隊
普通のマルチドメインOKな共用サーバーだと、サーバー1台の中に無数のウェブサイトが作られて、無法地帯と化してしまうからな・・・
レンタマン
レンタマン
うむ。CPIレンタルサーバーならそういった事態は起こらないから、安定性も抜群だ!

ウェブ、メール、コンパネのサーバー分離で負荷を軽減

CPIレンタルサーバーhttps://www.cpi.ad.jp/

CPIレンタルサーバーでは、ウェブサーバー、メールサーバー、そしてコントロールパネルのサーバーを分離し、お互いのトラフィックに影響を与えないよう設計されています。

ウェブサイトへのアクセスが集中し、高い負荷がかかったときでも、メールサーバーやコントロールパネルは安定して動作します。

メールがロストしてしまったり送受信できないといったトラブルもなく、また、コントロールパネルにアクセスできるため、緊急のお知らせやメンテナンス表示といった、高負荷への対応もスムーズに行えます。

サーバー借り隊
サーバー借り隊
ウェブサイトもメールもダウンしてしまっては、機会損失も甚大だからな・・・これはありがたい!
レンタマン
レンタマン
うむ。法人向けレンタルサーバーならではの設計だな。

CPIレンタルサーバーのデメリット

レンタマン
レンタマン
次は、気になるCPIレンタルサーバーの主なデメリットについて説明していこう。
  • 初期費用や月額料金が高い
  • 24時間365日のサポートは有料

初期費用や月額料金が高い

初期費用 月額料金 初回合計
12ヶ月(一括) 無料 3,800円 45,600円
6ヶ月(一括) 20,000円 4,100円 44,600円
3ヶ月(一括) 20,000円 4,400円 33,200円

CPIレンタルサーバーの初期費用や月額料金は、法人向けサーバーということもあり、一般的な共用サーバーと比較すると金額がかなり高めです。

また、3ヶ月以上の契約が必要ですが、初期費用と契約期間の月額料金をあわせた一括払いとなるため、初回は合計で3万円〜4万円以上の支払いが必要となります。

24時間365日のサポートは有料

CPIレンタルサーバー 24時間365日サポートhttps://www.cpi.ad.jp/

CPIレンタルサーバーには通常のサポート受付時間以外にも、24時間365日の電話&メールサポートが用意されています。
ただし、こちらは標準サービスではなく、月額900円の有料サービスとなります。

CPIレンタルサーバーの料金プラン

初期費用と月額料金

初期費用 月額料金 初回合計
12ヶ月(一括) 無料 3,800円 45,600円
6ヶ月(一括) 20,000円 4,100円 44,600円
3ヶ月(一括) 20,000円 4,400円 33,200円

サービス内容

主契約 マルチドメイン
ディスク容量 300GB 100GB
メール容量 200GB 200GB
マルチドメイン 10 なし
サブドメイン 10 なし
FTPアカウント 50 50

※サブドメインは、マルチドメインとして使用可能

サーバー借り隊
サーバー借り隊
ん?主契約とマルチドメインの違いは?
レンタマン
レンタマン
CPIレンタルサーバーでは、最初に契約したドメインが「主契約」、その他のドメインは全て「マルチドメイン」となる。それぞれ利用できる機能や容量が異なるので、要注意だ。
サーバー借り隊
サーバー借り隊
なるほど。どのドメインを主契約にするか、よく検討する必要があるな・・・

10日間無料お試しはこちら

※記載内容は現在のサービスと異なる場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

レンタマンでは、CPIレンタルサーバーの口コミ・評判を募集しています!

実際にCPIレンタルサーバーを使ってみて便利だったこと、不満だったことなど、できるだけ率直で詳しい感想を投稿いただけると幸いです。

皆様からの口コミ、お待ちしています!

口コミを投稿する

CPIレンタルサーバーの口コミ評判

口コミを絞り込む

条件をリセットする

流石に無理!

普段はこういったクチコミ投稿などしないのですが
あまりにも酷すぎるので投稿させてください。

知識に不安があったので電話問い合わせが可能なCPIを利用しました。
昔は何も分からなかったから良かったですし、
高くても仕方ないと思って使っていました。

しかし、サイトが大きくなってきて問題が生じます。

バックアップ機能が効かなくなったのです。
容量オーバーもいくつも項目が設定されており
容量としては少なくてもファイル数が多いとダメです。

しかもこの状態になると
バックアップはサーバー側に問い合わせても
復元不可能らしく、トラブってしまったら八方塞がり。

最悪、何年もかけて構築したサイトも
一瞬で消滅する可能性がありそうです。

さらにコロナ禍で電話サポートが打ち切り。
サイト不具合でつながらなくても休日対応は一切ない。
※24時間サポート契約者はたぶんできる

問い合わせフォームから連絡しても使えない担当により
説明不備でサイトに接続できない状況になったりと
あまりも酷いありさま。

サービス面はさらに酷く
契約のタイミングで割り振られたアドレスにより
サービス内容が違います

具体的には
同じ契約、同じ金額を払っているにもかかわらず
phpの対応バージョンが違うということ。
※しかも最新でもなんでもないし、分かりにくく記載されている

同じ契約で違うものが提供されているのです。

ユーザーが気が付かなければいいと思っているのか分かりませんが
天下のKDDIグループでこのレベル。

長くちゃんとしたサイト運営をするならば
絶対に選んではいけないサーバーであると
今更思い知らされました。

続きを読む
1
2021年08月04日

旧プランは取り残される仕様

10年くらい前から利用しております。
サーバは安定しているし、当初はサポートも良かったので
金額相応に満足しておりました。

ただ、数年前からサポートの対応がとても悪くなりました。
ぶっきらぼうというか投げやりというか、親身になってくれない
対応になりました。

それを皮切りに、サービス面でも不信感が出ております。

■無料SSLが使用できない
旧プランのまま無料SSLの提供を行っていないため、

■PHPのバージョンアップは絶望的
いくつか契約がありますが、PHP5.2、PHP7.2からバージョンアップ
できないと回答を受けました。

■ウェブのみのプラン変更は不可
上記のSSLもPHPバージョンもプラン変更で解決できますが、
ウェブのみのプラン替えに対応していないとのこと。
メールの引っ越しも必須になります。

プラン変更も考えておりましたが、100アカウント以上メールを
運用しているクライアントもあるため、容易に変更が
できない状態です。

仮にCPIの最新プランに変更したとしても、PHPなどサーバソフトウェアの
バージョンアップが行われないと回答があったため、数年後に
またプラン変更・同社内でのサーバ移行が必要になる可能性が高いです。

二度と新規契約はしないです。

続きを読む
1
2021年07月19日

ディスク容量アップが嬉しい

価格がそのままで、メールとウェブのディスク容量がアップしていました!

このままのペースだと、あと数年で上限を越してしまいそう、ディスク増量とかの有料オプションも見当たらないし、ひょっとして専用サーバーに移行しなくてはいけない?
もし個別に相談して、特別にディスク増量したらいくらかかるんだろう?などなど、とても心配していたので、すごくほっとしました。

法人向けレンタルサーバーにしては、容量がやや少ないというところだけが気になっていたので、今のスペックに関してはとても満足しています。

うちの会社ではメールアドレス管理と、ウェブ制作を担当している部署が分かれているので、コントロールパネルを分けられるのも重宝しています。

社員が増えそうなので、メールアカウントがたくさん作れるようになったのも良かったです。いろいろ先手先手でサービスを改善してくれるので、値段が高いだけのことはあると思います。

続きを読む
5
2020年08月13日

30世代のバックアップ保存に助けられました

サーバ側で保存してくれている、30世代のバックアップデータに助けられました。

運用チームのミスが重なったことと、こちらで用意していた3重のバックアップシステムが受け取り先のサーバの容量パンクにより(これも運用チームの管理ミス)、ある日を境にまったくバックアップが動作しておらず、あわや必要なデータを全て失ってしまうところでした。

復旧したいデータがかなり前のものだったのでさすがに駄目かと思いましたが、サーバ側で30世代のバックアップを保存してくれていたため、なんとか必要なデータを取り出すことができました。

こちらで万全のシステムを用意していても、やはり運用に携わるのはすべて人間のため、ヒューマンエラーでミスが重なり、どうしようもなくなることはあります。

多人数が関わっているとよく起こりがちな失敗をサーバ側の機能でカバーすることができたので、大変助かりました。

続きを読む
4
2020年07月09日

常時電話サポートがなくなったのが痛い

このご時世、致し方ないことなのですが、コロナの影響により24時間365日の常時電話サポートがなくなってしまいました。

いつでも電話サポートしてもらえることが決め手になってCPIレンタルサーバーを選んだという経緯もあるので、不安だし残念です。

早くコロナが治まってほしいと思います。

8
2020年06月21日

WordPressのインストールでつまづいてしまった

以前使っていました。

法人向けだし、高速サーバーということで楽しみにしていたのですが、いざ使い始めたら、なんと最初のWordPressインストールでつまづいてしまいました。

今まで使ってきた他のレンタルサーバーでは問題なくインストールできましたし、トラブルが起きたことなど一度も無かったため、とても焦ってしまいました。

こんな初歩的なことでいきなりつまづくとは思わなかったので、サーバー側の問題ではなく、何かこちらのつまらないミスだろうと思い、あれこれ試しましたが、全く駄目。

半ば諦めながらネットで検索してみると、ちょうど同じ現象で困っている方がいて、その記事のおかげで無事解決することができました。

しかし、プラグインの動作などはサポート対象外ということで、この先また困ると思い、結局は他のレンタルサーバーを採用しました。

続きを読む
7
2020年03月07日

無理に専用サーバーを勧めてこないので、好感が持てた。

共用サーバーにするか専用サーバーにするか迷っていたときに、無理に専用サーバーを勧めてこないところに好感が持てた。

料金的にはもちろん専用サーバーのほうがずっと高いのだが、会社の予算もそれくらいは出せなくは無かった。

しかしサポートに問い合わせたところ、CPIのそれぞれの利点と欠点をわかりやすく説明してもらった上で、今のサイトの規模なら共用サーバーで充分と言ってもらえた。

そのため、安心して申し込めたし、現に今も共用サーバーのままでトラブルなく運営ができている。

サーバー費用が最初の想定よりも安くなった分、サイトの企画や運営に予算を回せるので、プロジェクトが順調に進行できている。

運営がKDDIというだけでなく、営業やサポート面でも信頼できるレンタルサーバーだと感じる。

続きを読む
6
2019年12月04日
関連記事