中小企業向けのおすすめ法人向けレンタルサーバー|特徴から選び方まで一挙公開!

nrc

中小企業にとって、企業のコーポレートサイトやホームページを制作する場合、ただホームページを制作すれば良いというわけではなく、レンタルサーバー選びが必須です。

レンタルサーバーと一言にいっても、それぞれ特徴や料金が異なるため、会社の規模によっても用意すべきレンタルサーバーは異なります。

借り隊
借り隊

法人と個人とで選び方に違いがあるのか。

レンタマン
レンタマン

うむ。中小企業がレンタルサーバーを選ぶ際のポイントやおすすめ法人レンタルサーバーも紹介するぞ!

中小企業が法人レンタルサーバーを選ぶ際のポイント

中小企業が法人向けレンタルサーバーを選ぶ際のポイントは以下の6点です。

  • 使いやすいか
  • コストは最適か
  • 容量や転送量に問題はないか
  • 安定性や強度は充分か
  • セキュリティ対策は万全か
  • サポートは充実しているか
レンタマン
レンタマン

法人レンタルサーバーを選ぶポイントを確認するぞ!

使いやすいか

会社でレンタルサーバーを導入する際は、サーバーの使いやすさに注目しましょう。

使いづらいサーバーを選んでしまうと、何か問題が起きたときにその解決方法を考えるだけで1日が終わってしまったり、使い方を覚えるだけで時間がかかってしまったりしてしまいます。

とくに、レンタルサーバーは企業の担当者や責任者のみが扱うものではなく、会社全体で扱うことが多いため、誰でも使いやすく、サーバーの知識がない人でも直感的に画面操作できるような法人向けレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。

そのためには、ただ機能やサービスが充実しているサーバーではなく、自社に合ったサーバーを選ぶことをおすすめします。

たとえば、シンプルな企業のホームページ1つしか運用しておらず、今後もホームページやウェブサイトを構築する予定がない場合は、できるだけコストが安くて、シンプルなものを選ぶと良いでしょう。

借り隊
借り隊

サイト運営になかなかリソースを割けない企業は多そうだな……。

コストは最適か

コストは最適かどうかも、レンタルサーバーを契約する際の重要なポイントです。

レンタルサーバーは基本的に月額定額制になります。

機能を重視してしまうと、毎月のコストが高くなってしまいますし、逆にコストを抑えすぎてしまうと、使い勝手が悪く不便になることも考えられます。

そのため、レンタルサーバーに割ける予算をあらかじめ決めておき、自社の予算に合ったコストパフォーマンスが高いレンタルサーバーと契約しましょう

レンタマン
レンタマン

予算ありきでレンタルサーバーを決めるのもありだ。迷いがなくなるぞ!

容量や転送量に問題はないか

レンタルサーバーと契約する際は、容量や転送量に問題がないかを事前にチェックすることも大切です。

容量や転送量はウェブサイトの表示速度にも大きく関わるため、重要なポイントです。

容量と転送量が自社のウェブサイトに合っていないと、サイトが表示される時間が長くなってしまい、ユーザーの離脱率が高まってしまいます。

ユーザーの離脱率が高いと、集客や企業の生産性向上にも期待できませんので、必ず確認してください。

とくに、自社の商品やサービスを購入してもらうためのECサイトなどを運用する場合、離脱率が高くなると、その分会社の売上も下がってしまいます。

ユーザーにとっても、自社にとっても、サイトの表示速度が速いということはメリットしかありませんので、容量と転送量には十分余裕を持つことが大切です。

借り隊
借り隊

確かになかなか表示されないサイトはイライラするな。

安定性や強度は充分か

安定性や強度は十分かどうかも重要なポイントです。

安定性が低いサーバーでは、メンテナンスを頻繁に行う必要があったり、何かしらの障害のためにサイトを一時的に非表示にしたりしなければならないこともあります。

また、安定性が低いと、ウェブサイトを訪れるユーザーが使用しているウイルス対策ソフトなどに影響し、サイト自体を訪れてくれない可能性もあります。

そのため、安定性や強度が十分かどうかは、レンタルサーバーを選ぶ際の重要なポイントです。

また、自動バックアップ機能などが搭載されたレンタルサーバーであれば、毎日バックアップ処理を自動的に行ってくれるため、万が一のリスクに備えられます。

レンタマン
レンタマン

頻繁にサイトがダウンしているとGoogleのSEO評価にも影響してくるから注意が必要だ!

セキュリティ対策は万全か

セキュリティ対策が万全かどうかは、中小企業向けのレンタルサーバーに限ったことではありませんが、一番重要なチェックポイントといっても過言ではありません。

レンタルサーバーを提供している会社によって、セキュリティ対策はさまざまです。

レンタマン
レンタマン

以下が主なセキュリティ対策だ!

  • SSL:ネットワーク上のデータを暗号化することで盗聴やデータ改ざんを防ぐ技術
  • ファイアウォール:不正アクセスやサイバー攻撃を遮断するシステム
  • WAF:脆弱性を悪用した攻撃から守るシステム
  • IDS/IPS:不正侵入検知システム

サポートは充実しているか

レンタルサーバーを利用するときにはサポートは充実しているかも確認しましょう。

何も問題がなければ良いですが、何かあったときにサポートが充実していないと、業務が全てストップしてしまう可能性が高いです。

サポート内容は各レンタルサーバーによっても異なりますが、主にチャットサポートやメールサポート、電話サポートがあります。

この中でも、とくに電話サポートが充実しているレンタルサーバーがおすすめです。

電話サポートがあれば、何かあったときでもすぐに電話をかけて、トラブルや問題を解決できます。

もちろん、チャットサポートやメールサポートのあるレンタルサーバーでも良いですが、どうしてもタイムラグが発生したり、営業時間外で対応が翌営業日扱いになってしまったりすることも多いです。

中小企業のレンタルサーバーが止まってしまったり、何かトラブルが起きてしまったりした場合は、早急な改善が必要になるため、サポートが充実しているレンタルサーバーと契約しましょう。

レンタマン
レンタマン

24時間電話サポートを受け付けているところもあるから事前にチェックしてくれ!

法人向けレンタルサーバーは管理の手間や自由度もチェック!

法人向けレンタルサーバー 選び方

中小企業でレンタルサーバーを利用する場合、管理の手間や自由度もチェックしましょう。

レンタマン
レンタマン

担当者は以下の3点をチェックしてくれ!

  • コストを抑えたいなら共用サーバー
  • 大規模なウェブサービスには専用サーバー
  • 専門知識のある管理者がいるならVPSサーバー

コストを抑えたいなら共用サーバー

コスパ重視で、できるだけコストを抑えたいなら共用サーバーがおすすめです。

共用サーバーは、1台のサーバーで複数のユーザーがシェアして使うサービスです。

共用サーバーはいくつか種類のあるレンタルサーバーの中でも、とくにコストが安く、コスパの良いサーバーです。

また、サーバーのメンテナンスなどもレンタルサーバー会社が行うため、レンタルサーバーの知識がない人でも運用が楽というメリットがあります。

大規模なウェブサービスには専用サーバー

大規模なウェブサービスを運用する場合、専用サーバーがおすすめです。

専用サーバーは、1台のサーバーをユーザーが独占して使用するレンタルサーバーを指し、他のレンタルサーバーよりも大容量のスペースを独占できます。

また、共用サーバーよりも自由度が高く、サーバーの管理権限もあることは大きなメリットと言えるでしょう。

専門知識のある管理者がいるならVPSサーバー

自社に専門知識のある管理者がいる場合は、VPSサーバーがおすすめです。

VPSサーバーは仮想専用サーバーとも呼ばれ、共用サーバーのように1台のサーバーを複数のユーザーが共有できます。

VPSサーバーは他のレンタルサーバーよりも自由度が高く、性能が優れている点がメリットと言えるでしょう。

とくに、RubyやJavaなどのプログラミング言語を用いてサイトを構築したい場合などには、VPSサーバーが適しています。

法人向けレンタルサーバーと個人向けレンタルサーバーの違いは?

法人向けレンタルサーバーと個人向けレンタルサーバーの違い

レンタルサーバーは法人と個人でそれぞれ大きく特徴が異なります。

たとえば、利用料金で比べてみると、個人では月額数百円で利用できるサーバーもありますが、法人向けのレンタルサーバーは1,000円〜2,000円ほどの価格帯が多いです。

ただ価格が高いだけでなく、サービス内容が充実していたり、サイトの安定度が高かったりと、大きなビジネスサイトにも利用できます。

サポート体制で比較すると、法人向けのレンタルサーバーでは基本的に電話でのサポートが充実しています。一方、個人の場合はチャットサポートやメールサポートのみになることもあります。

ほかにも、サーバーの強度やバックアップ体制、セキュリティ体制、容量・転送量などが法人と個人では異なります。

借り隊
借り隊

運営サイトの規模感がポイントってことか……。

レンタマン
レンタマン

うむ。法人は社会的な責任もあるからチェックすべきポイントが増える傾向にあるぞ!

WordPressを安く運用できるレンタルサーバーは?

ロリポップ! TOP
出典:ロリポップ!公式

WordPressでサイトを制作し、ウェブ上に公開する場合、レンタルサーバーが欠かせません。

WordPressを安く運用できるおすすめのレンタルサーバーは「ロリポップ」です。

「ロリポップ」はWordPress満足度No.1の実績を持つレンタルサーバーで、対象プランを12か月以上契約すると、ドメインをずっと無料で利用できます。

料金は月額99円から利用でき、初期費用も1,650円しかかかりません。

電話サポートはありませんが、転送量が無制限で利用できたりするなどのメリットがあります。

また、法人向けのコースでも月額2,200円から利用でき、電話サポート、転送量無制限、容量1TBなどの特徴があります。

10日間無料でお試し可能!

借り隊
借り隊

かなりコスパが良さそうだな……。

レンタマン
レンタマン

うむ。費用を抑えたいなら検討してほしいレンタルサーバーだ!

法人向けレンタルサーバーおすすめ3選

ここからは、おすすめの法人向けレンタルサーバーを3社ご紹介します。

レンタマン
レンタマン

おすすめの法人向けレンタルサーバーは以下の3社だ!

  • エックスサーバー
  • ミックスホスト
  • CPIサーバー

それぞれ特徴や料金が異なるため、比較しながらご紹介していきます。

エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネス TOP
ポイント
  • 負荷耐性表示速度にこだわった法人向けのレンタルサーバー
  • 導入企業16万社以上
  • サーバー稼働率99.99%以上&SLA品質保証あり

エックスサーバービジネスは法人向けの高速・安定の高性能レンタルサーバーです。

超高速で大量アクセスに優れているため、企業のコーポレートサイトやECサイトを運用する際などに向いています。

さらに、Webサイトを運用するために必須な独自SSLも無料・無制限で利用でき、ドメインを選んでクリックするだけで簡単に設定できます。

仮にバックアップをし忘れてしまった場合でも、自動バックアップ機能が搭載されているため、万が一のリスクにも備えられます。

10日間無料でお試し可能!

ミックスホスト

出典:ミックスホスト公式
ポイント
  • LiteSpeed採用の高速Webサーバー
  • 36コのハイスペックサーバー
  • 日本初のHTTP/3対応

mixhost(ミックスホスト)」は表示速度満足度No.1のレンタルサーバーです。

すべてのプランでピュアSSD、LiteSpeed採用の高速サーバーを採用しており、サイトの高速表示が可能です。

ミックスホストではWAF、ウイルススキャン、スパムフィルタリングなどの充実したセキュリティ体制が整っており、ウェブアプリケーションからの不正アクセスも未然に防ぐことができます。

また、オプションを利用すれば簡単にWordPressを移行でき、知識がない人でも安心です。

30日間返金保証で安心!

CPIサーバー

出典:CPIサーバー
ポイント
  • SLA(品質保証制度)で安心
  • セキュリティの不安を解消
  • 導入・運用をしっかりとサポート

CPIサーバーは高負荷に耐え、いろいろなWebアプリケーションが利用できるレンタルサーバーです。

メールアドレスやアカウントの追加を利用したい場合や、オンラインストレージを利用したい場合、スケジュール管理をしたい場合など、さまざまな用途に合わせて利用でき、自社に合った適切な用途で使用できるでしょう。

KDDIグループならではの高い技術力と安定したサービスということもあり、ウェブ制作会社・大手企業・官公庁・外資系企業などの多くの実績があり、信頼できるレンタルサーバーです。

10日間無料でお試し可能!

企業がレンタルサーバーを借りた後にやっておくこと

企業がレンタルサービスを借りた後にやっておくことをご紹介します。

レンタルサーバーを借りた後は、以下の項目を実施してください。

  • レンタルサーバーの契約内容の保管
  • 管理者の属人性をなくす
レンタマン
レンタマン

運営後にやるべきことを詳しく解説していくぞ!

レンタルサーバーの契約内容の保管

レンタルサーバーの契約内容を保管しておかないと、いざというときに困ってしまいます。

たとえば、WordPressのアップデートやウェブサイトの修正を行う場合、情報が何もないと対応できません。

そのため、契約したレンタルサーバーの契約内容は、しっかりと保管しておくことが大切です。

また、レンタルサーバーを現在契約しており、他のレンタルサーバーに引越しする場合も、契約内容を確認することがあるため、必ず分かりやすい所に保管しておきましょう。

管理者の属人性をなくす

管理者の属人性をなくすことも大切です。

属人性とは、簡単に説明すると業務の進め方などが特定のユーザーにしか分からなくなることです。

企業において、特定の人が長くサーバーを管理することは多いですが、業務担当者が離職・退職してしまったり、社内で異動などがあったりすると、その後の業務を引き継ぐことは難しくなってしまいます。

新たに担当者を配置したとしても、何も知識がなければ、なかなかすぐに管理することは難しいです。

簡単な企業マニュアルを作成するなど、管理者の属人性をなくすことは大切です。

サーバープランの必要性を見極めよう

今回は、中小企業がレンタルサーバーを選ぶ際のポイントや法人と個人との違い、法人向けおすすめレンタルサーバーなどについて詳しくご紹介してきました。

サーバーによってもプランが異なり、プランによっても料金や機能が異なります。

ただ料金が安い、機能が充実している点だけで契約するのではなく、自社に合った最適なレンタルサーバーと契約することが大切です。

レンタマン
レンタマン

サーバー選びのポイントは、自社に必要な機能やスペックの洗い出しだ!じっくり検討してくれ!

※記載内容は現在のサービスと異なる場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

記事URLをコピーしました